CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
Music
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

Today is blue sky

生きるしかないじゃない。
<< ぴっかぴかの新社会人!! | main | 機嫌悪くても相づちは欲しいものだよね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今日までのあらすじ。
 皆さん、こんにちは。
初めましての方は初めまして。
このブログを見ていてくださった方は
お久しぶりです、るーしぇるです。

最後に日記を投稿してから3年程経ってしまいました。
心配してくださった方がいるかは知りませんが
私は元気に生きています、一応。

あれ以来、仕事にも慣れ
生活が安定してきましたが
とあるトラブルを起こしてしまい
私自身の気持ちが落ち着かなくなってしまい
立ち直るのに時間が掛かってしまいました。
そのことについては余り触れたくはありませんが
いつか自分自身の気持ちに整理がついたら
お話させていただきたいと思います。








就職後、以前からお付き合いさせてもらっていた
恋人とは卒業後から半年で別れました。
結論からすると、彼が別に恋人
(恋人は卒業後、専門学校に進学しました)
を作っていたこと。

私自身、就職先に気になる男性がいました。
ですが、その男性には彼女がいましたし
私も恋人がいるということで
自分の気持ちを留めて、仲の良い職場仲間として
生活を送っていました。

しかし、その気になる男性から私の事が好きだと
気持ちを打ち明けられました。
でも私には恋人がいる。あなたにも彼女がいる。
だけど私もあなたのことが好き。
だからといって恋人を裏切ることもできない。
そんな気持ちをずっと抱えたまま関係を
うやむやにしていました。
その男性に気持ちが膨らむ一方で
彼への連絡を疎かにしていました。


しばらくして、恋人から連絡がありました。
「元気?」と他愛もない様な感じに。
私は何を思ったのか、当時の気持ちを思い出せませんが
彼にカマをかけてみたくなりました。
「もうあなたの知ってるあたしじゃない。」
彼はなんて思うかな?きっと心配して
「なんか悪いことしたかな?」って
そんな軽い気持ちだったのです。


そっか、実は僕も彼女がいます。
今までありがとう。そしてさよなら。


意外な返事でした。
ああ、もう私の知ってる彼じゃないんだ。
寂しがりの彼を一人にさせてきっと
悲しい思いをさせてしまったんだと
だからその穴を埋めてくれる存在が欲しかった。

お互いのすれ違いが他の誰かを好きになってしまったと
私はそう解釈しています。
彼を責めるわけではありません。
だって私も他の男性を好きになってしまったのですから。
関係を作る作らないにかかわらず
好意を持った時点でお互いの信頼を失ってしまったのです。

でも私はこれで良かったと思っています。
会えなくて寂しい思いをしてるよりは
一緒にいて楽しい時間を過ごす方が幸せなはずですから。
綺麗事、そう思ってもらっても構いません。
事実は変わらないのですから。

それから彼には連絡はしてません。
その後どこで何をしてるのかもわかりません。
たまに近くのショッピングモールに行くと
姿を見かけたりしますが、声はかけてません。
今更話しかけたところでどうにもなりませんからね。
ただ、彼には一言「寂しい思いをさせてごめん」と謝りたいです。

私はその後、その会社の男性と正式に
お付き合いをさせてもらっています。
その経緯はまた日を改めて・・・。







また今日から少しずつ更新していこうかと思います。
毎日はできないかと思いますが、少しずつ少しずつ・・・。
この3年間を晒しつつ、日頃の思いを語ろうかと思います。

では、またどこかで。

 
| *..+日記+..* | 00:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:46 | - | - | pookmark |

更新されていないようなので、
消していただいても構いません。

ただ一言だけ、自己満足に。

ごめんなさい。
近況は知らないのですが、どうかお幸せに。
| 名無し | 2016/10/26 9:56 AM |









http://ru-sheru-love.jugem.jp/trackback/568